一般常識を身につけるには

学生時代のアルバイトは将来必要な経験ではないだろうか。
今は社会に出るとすぐに成果を求められる時代だ。昔に比べてゆっくりと仕事を教える時間や余裕がない企業が多いからだと思う。
社会に出て学ぶことは、仕事だけではなく、基本的な一般常識も覚えなくてはならない。
就職すると、来客の対応・名刺交換の仕方・お茶出し・電話の取り次ぎなど、これらの一般常識はすでに身に付いているものと思われがちだ。そこで出来ないと自分の評価が下がってしまうこともある。
日常的な一般常識は家庭でも学ぶことは出来るが、現代では固定電話のある家も少なくなり、あっても鳴ることがない。実際に知らない人からの電話を取ることがないといった学生も多いのではないだろうか。
これらの経験がある人からみれば、社会に出るまで経験がないことや対応の仕方がわからないことに不安を感じてしまうこともある。
出だしで躓いてしまうと、その後の仕事で挽回するのは大変な労力が必要になる。なので、社会に出る前にいくらか経験をしておくと良いだろう。
学生であれば、何も分からない、出来ないという武器を使うことができ、やる気はあるけれど、何をすれば良いのか分からなくても許されるものだ。このことから学生時代のアルバイトなどの経験がとても大切になってくるのだ。
学生向けの求人情報はネットの求人情報で見つけることができる。その他、以外なところでは『友人紹介制度』だ。ファミレスやラーメン店などでは、働きたい友達をお店に紹介するという制度がある。友人と一緒に働けるのなら気も楽だし、わからない事も聞きやすいだろう。飲食店で働いている友人にこの制度がないか聞いてみるのもひとつの手だ。
初めてのアルバイトなどで不安ばかり感じる場合は、新規オープンの企業や店舗を選ぶと良いだろう。
スタートラインは皆同じなので、その分気が楽なのだ。また丁寧に研修がされるので、一般常識を全く理解していない人や、アルバイト初心者には向いているのではないかと思う。
大学などでは専門学部に向けた求人情報を掲示しているところもあるので、参考にすると良いのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です